ITパスポート試験の参考書の選び方

これまでにもIT関連の試験としては情報処理技術者試験というものがありました。
この試験はこの名の通り、情報処理技術のレベルの高さを測るために設けられた試験で、日本情報処理検定協会が認定したレベルに応じて各レベルの合否が決定する試験です。
この試験は、これまでのIT社会をずっと支え続けてきました。
それは今でも変わることはありません。

しかし、複雑多様化してきたIT技術やこれからの国際社会におけるITの日本の位置づけを考えたとき、技術の質やレベルだけでなく、ITすべてにおける豊富な知識や技術を持ち、国際的にもITの知識や技術の受け渡しの出来るようなグローバルな人材が必要となってきたのです。

そこで国は、平成21年4月、これからの国際的なIT関連の人材を育成する目的で、「ITパスポート試験」を実施することになりました。
まだ開始されたばかりで、知名度も認知度も低い試験ですが、合格者が増えていくにつれて、IT関連の仕事をしている人にも、また、そういった人たちを雇用している企業にも、IT関連の知識や情報を教育している教育機関などにも注目を浴びるようになるでしょう。

ITパスポート試験は、IT関連の国家試験の中では玄関的な役割りを果たしていて、ITに関する知識や技術に関しての自信があれば学歴や年齢に関係なく受けることが出来ます。
またITパスポート試験に合格すれば更に上級レベルの国家試験にも挑戦することが出来ます。
まだ始まったばかりの国家資格ですが、注目度は高く、参考書などもすでに豊富に出ている状態です。

ITに関して興味はあるけど、まったく技術も知識もないという人には「初めてでも大丈夫」「0から始める」などとかかれてある参考書を読んでみてください。
かかれてある内容が把握できれば価値はあります。
ある程度ITに関しては知識も技術もあるという人には、試験対策用のテキストや過去の問題集などをお勧めします。
自分に合った参考書で合格を目指しましょう。